外貨両替は宅配でもできる|自宅にいながら両替可能

貯金箱
  1. ホーム
  2. 資産としての外貨

資産としての外貨

セーブマネーボックス

外貨のメリットは

日本で住んでいれば、使用する通貨は日本円で十分に事足りますが、日本円のまま保有していても増えることはありません。銀行に預けていても金利はわずかです。またタンス預金では当然ながら増えることはありません。しかし、金融商品を購入するなどの投資をするのも面倒といった場合には外貨による増やし方があります。外貨は、日本以外の国や地域の通貨のことです。外貨は日々、市場で取引されており交換レートが変化しています。この変動を利用して投資するのがFXなどですが、それを実物で行うというものです。つまり、現時点で購入した外貨が数年後の段階で日本円の価値が下落し、保有している通貨が上昇した場合に日本円に売却することで、利益を得ることができるということです。特に日本は日々の生活に必要な物資は輸入に頼っているため円安になるほど物価が上昇する可能性が高く、外貨で保有することでその価値を連動させることができます。外貨を購入や売却をするには外貨両替を行っているところで行います。外貨両替は銀行や両替所がありますが、投資を目的に外貨両替を行うのであれば宅配にメリットがあります。銀行は外貨両替の手数料が高いですし、両替所では1度に交換できる金額が小さいといったデメリットがあります。宅配による外貨両替では手数料は銀行よりも低く、交換の上限がないといったメリットがあります。また宅配による外貨両替の仕組みとしては、購入する場合には電話やインターネットなどから申し込み銀行振込や代金引換を使って代金を支払うことで簡単に外貨両替ができます。もちろん売却の場合にも宅配で業者に送れば銀行振込で代金が支払われるというもので手間なく外貨両替ができます。